「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジャパンネットバンクFX+、意外にいけるかもしれない? | main | プラン立案【簡単】ドル円下落進行。87円まで売り継続の姿勢。 >>
# 【書評】面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へにほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

※上の今月の一冊というコーナーで、気まぐれに本を紹介しているのですが、よく前に書いていた本がなんだったか教えてほしいというメールもらいますので、今後はメイン記事に残しとこうと思います。


成功者のメンタルがテーマの10年くらい前にでているのにいまだに売れている本ですね。

いかにツキを得るか?それにはどうすればいいか、について書いています。

著者は「成功者の脳みそには必ず成功するソフトがインストールされていて、失敗者の脳みそには必ず失敗するソフトがインストールされている」といいます。

成功者が何故成功するかというと、常にポジティブ思考であるからで、失敗者が何故失敗するかというと、常にネガティブ思考であるからです。

ポジティブ思考=楽しい、ネガティブ思考=つまらない

と単純に考えるとよくわかります。たとえば、勉強に例えましょう。

勉強がつまらないと思う子供は、どんどん勉強をしなくなります。つまらないのだからやりたくありません。当たり前です。だから結果学力が落ちます。

勉強が面白いと思う子供は、どんどん勉強をするようになります。面白いのだからやり続けて、結果学力が上がります。

・・・という簡単な図式。勉強を仕事に例えても同じです。だから何でも楽しめる人は、どんどんスキルを身に着けていくことができます。

楽しむためにはどうすればいいか? それは「徹底的にポジティブ思考」をすることだといいます。

しかし、そういわれると、嫌な仕事とか人付き合いは楽しめないのだから苦労しているのではないか・・・と思うのですが、この本は明確な回答を出しています。

答えは、「嘘でもいいからとにかく楽しむこと」。嫌なことやつまらないことをことごとく楽しいこと、ありがたいことなのだと「心の中でイメージを置換」し ていく。その作業の積み重ねにより脳は不快から快楽を感じるようになり、その結果でモチベーションが上がり、必ず成功していく・・・ということなんです ね。

人生を楽しむことができれば、いい出会いが続きます。なぜなら人生を楽しむ人は魅力にあふれているし、面白いから、いい人たちが集うわけです。それをこの本では「ツキ」といっています。楽しんでいれば回りの人が必ず助けてくれる、それがツキということです。

人生を楽しめない人は、知り合う人も同じような境遇の人ばかりです。人生を楽しんでいる人は、人生を楽しめない人と友達にはなりたくありませんから、これも当たり前の悪循環です。

ツキを得るためには、ことごとく楽しむ。楽しんだ人が勝ち。言い換えれば「仕事も勉強も恋愛も生活も遊びも後悔もどん底もなにもかも、いかに楽しめるか?」 その努力を人一倍した人が成功するということです。

日々をつまらないと思う人は、つまらない人生になります。日々を面白いと思う人は面白い人生になります。

人生とは、ただ、それだけの単純なことなのだと理解させてくれる本です。


こっからは私の感想というか蛇足なのですが、

たとえガンで余命1ヶ月と宣告されても、その状況すら楽しめる人、それはすなわち人生の勝利者だなと思いました。私なら開き直って放射線治療にいくといって、日本中の放射線の温泉めぐりますね。玉川温泉でもいこうかなと思います。死ぬ前に好きなことやって楽しもうかとも思います。

そんな感じで一番嫌な死すらも楽しもうと思ってしまえば、これはもうなんでも楽しめるのではないかと思います。たとえばすんごい借金があったとしても、じゃあ起業して商売で一発当てて返してみようかと思えばいいのですし、それがきっかけで起業の方法や交渉ごとや商売のスキルが上がるのだとしたら、結果的にツイていたといえます。大失恋でどん底だったとしても、人生経験を積めたし、さらに次はもっといい人とめぐり合えるのだからこれはツイていた、と思ってしまえばいいということです。

そんな波乱の人生のほうが楽しい・・・と思えれるようになれば、あなたもツイている人間になれるということです。あなたが苦しいと思っている現状。それを楽しむにはどうすればいいか?その逆転の発想を続けていくと、いい変化があると思います。

※このブログの読み方についてはこちらを

| - | - | 04:29 | category: FX上達のヒント(コラム) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ